2020年08月09日

本音考

古いメモの中に人の本音が聞けるのはどんなときだろうかというのがあった。会社の近くの飲み屋に十数名が集まった夜のことを書いていた。それぞれが楽しく食事をして思う存分に会話を楽しむ。その言葉の一つ一つを楽しみながら笑いを取ってゆける人が持てはやされている。そんな席もアルコールがまわりだすとそれぞれの意見が出てくる。そこに本音の世界が生まれてくるのだろう。

何かと年齢に差があると人の気持ちが読みづらくなってくるのは確かなことである。そんな中で本音を聞き出せればその人と協力関係が出来る糸口を得ることが出来る。仲間として見出してゆけることはこの上ない大切なことだろう。一つの会社で組織として行動してゆく中でこのような対応が出来ないようではどうしてもうまく行かないだろう。

人の本音が聞けるということは実に難しいことかも知れない。人は誰でも信頼できない人に対しては本音を話さない。それこそ自分の将来がかかっているだけに本音を話して明らかに邪魔をされることを恐れていると思う。話して通じるような相手あるいは好意の持てる相手がある場合は何とか聞きだせるかもしれないがそれ以外は難しい。

果たして本音の聞ける人物というのはどんな人だろうか。初対面でもしっかり相手の心を捉えることの出来る人もいるがそうでない人もいる。その違いが本音を聞きだせるかどうかにつながってくるのではないだろうか。果たして自分はそのどちら側にいるのだろうか。常日頃人との会話が少ないだけに気にはなっていることである。


posted by Tommy at 00:00| Comment(0) | 追憶 | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

睡眠誘導カプセル

現役時代のことだが、米国出張から帰国して時差ぼけがひどいので初めて睡眠誘導カプセルを二個飲んだ時のメモが出て来た。飲んだ結果はてきめんで30分ほどして眠気が生じてきてそのまま夜の12時ごろに寝て起きたのは午前11時ごろであった。久しぶりの爆睡である。これほどぐっすり眠れたことはここ最近なかっただけに最高の気分になれた。お陰様で帰国翌日にも関らず午後の会議に出席できて十分に対応できた。

人間眠ることの大切さをつくづく感じた日である。これほどまでに頭をクリアにする眠りは実にありがたいことである。やる仕事そのものさえ非常に簡単に思えるし、体も軽く感じられる。それはこれまでの生活の中で信じられないほどのものである。熟睡することの効力を今回改めて知ることになって今後の生活の中に取り入れて行きたい。

これまで体調管理に気をつけては来たものの、どちらかと言うと日常のストレッチや腹筋運動や規則正しい生活等で睡眠について考えたことはなかった。継続して生活態度を整えることにはしていても年齢と伴に疲れが残っていたのが現実であった。そんな中で今回時差ボケを直す目的で飲んだ睡眠誘導カプセルで熟睡の感触を得たのは貴重なものである。

薬を使うことは基本的に好きではなくこれまで通りに規則正しい生活は継続したいが、場合によってはそれでも疲れが残るときにはこの熟睡をすることも大切であると思う。そのためには自分の生き方を含めて再構築も必要になるかもしれない。希望を持って期待をしないという基本原則をキープしながら。



posted by Tommy at 00:00| Comment(0) | 追憶 | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

水鳥の名は?

光が丘公園の小さな池にカメラを向けた人々が数人、黙ったままで一か所を見つめていた。毎年この時期に繰り返される光景だが、今年も同じ鳥なのだろうかいつも一羽だけで微動だにしない。水鳥の名前は分からないが池の魚を狙っている様子で小魚が近づいてくるのを待ち構えている様子。カメラマンはその瞬間の写真撮影を狙って我慢比べをしている。
IMG_2254.jpg
posted by Tommy at 00:00| Comment(0) | 余談 | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

リモートレッスン体験記

新型コロナウイルス感染症のため高齢者は特に三蜜を避けるようにと言われて、愉しみのプロ講師によるギターレッスンの休講が続く中で、先日WAVEカメラを購入し環境を整えたのでリモートレッスンの体験をしてきた。Zoomでの接続は離れて住む息子と事前に試していたのでほぼ問題なく接続できて、ギターレッスンも直ぐに始められたので特に違和感もなかった。何と言っても自宅でパソコンを通して講師と同好仲間の顔を見ながらいつものようにレッスンを受けられ身近に感じられてありがたかった。

実際のレッスンは同好仲間が個別に練習中の曲を自宅からZoomを通して皆さんにその演奏を一緒に聴いてもらい、それぞれの演奏に対して講師と同好仲間の助言をそれぞれ聴くという流れは従来と同じで困ることはなかった。今回初めてなので慌てないように練習曲を事前録音しておいて自分の番にはそれを皆さんに聴いてもらうことにした。しかし、これは失敗で皆さんから少し音が小さいのと弾いている指が見られないとの評価だった。それでも自分では初めてのリモートレッスン経験になりありがたかった。

今回の経験で見えて来たこともあり、Zoomによるリモートレッスンには以下のような認識を得ることも出来た。新型コロナ感染症や自然災害等で講師との直接対面レッスンが不可能の場合にリモートでレッスンを受けられることは大きなメリットである。今後も現在のように対面レッスンが難しい場合には利用価値があると思う。しかし、初心者には講師との対面レッスンや同好仲間との直接交流に勝るものではないということ、それにギター音色にこだわる人にはZoomを通して聴く音色には少々不満が残るかも知れない。これはZoomの仕組上仕方のないことだということらしいが少し残念に思った。


posted by Tommy at 00:00| Comment(0) | ギター日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

おすすめ写真

最近のアプリは日々向上しているのでそのありがたみを知る機会が多い。数年前に利用し始めた“Googleフォト”で、これまでアルバムに貼っていた写真もデジタル化して全てこのアプリに統合した。それにそれ以後スマホで撮った写真は全て自動的に転送されてこのアプリに蓄積されている。それを見たいときはいつでもどこでも自由にスマホでもパソコンでも見られるので以前の分厚いアルバムを保管することもない。


それにアプリそのものが進化しており最近は自分だけでなく独立して離れて住む家族も共有して見られる便利さである。最近気に入っているのは写真の良し悪しを見るだけの眼力の無い自分向けにおすすめなる写真まで撮った写真から選んでくれる。昨日、そのおすすめの最新写真が次の一枚だった。
IMG_2250.jpg

posted by Tommy at 00:00| Comment(0) | 余談 | 更新情報をチェックする