2017年04月24日

人生と空港

空港という場所と言葉がある。勿論旅やビジネスへの出発点である。これまで何十回もその空港を利用させてもらったことだろうか。テレサテンの歌の中にも空港というタイトルで好きな曲がある。淋しい別れの歌だが一人旅を続ける者にとっては心地良い響きがあり今では空港を利用する旅では手放すことの出来ないものになっている。

ビジネスで利用する空港は常にあわただしく時間ばかりを気にして動き回っている。巨大空港ではターミナル間の移動に電車を使わなければならないほど大きく、又、タイムリーに移動できなければ乗り遅れる心配もあり何となく落着かない。時として遅れや出発ゲートの変更等があり実に精神的にも疲れるものである。

全ての仕事が終わり帰国のための空港もある。其処には程よい疲れと安堵感があって一風違った感覚である。勿論テレサテンを聴きながらの機内は一人を十分に楽しめる。それが何処の空港からであっても同じように静かにその時を楽しんでいる。見知らぬ人の群れの中を一人静かに待つ空港、そんな言葉が良く似合うところである。

人生はその時々を空港利用しているようなものだろうか。多くの出来事が起きるけれど何れも何かのきっかけがあり、終わりがある。その繰り返しが永遠に続くものだろう。繰返すその中で人それぞれの人生観が生まれてくるのだろう。自分の場合それが一人になって静かにテレサテンの曲を楽しんで、又、次に備えることかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

仲間が現れた

どんなに下手なギターでもいつも正面を向いて黙って耳を傾けてくれる心優しい我が友のカエル君に突如二匹の仲間が応援に加わった。

Windows 10になってからデスクトップのスクリーンが好み調査を兼ねて不定期に変わるので面白いとは思っていたが、まさかパソコンの外にあるカエル君を見つけて何らかのアクションを起こしたわけでもあるまい。奇遇なので写真に撮ってみた。
DSC_1600.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

省みる機会

現役時代良くお目にかかった言葉である。何かと意見の違いがあると内心自分が正しいということに取り付かれることが多く、自説にこだわることもあった。独り静かに反省の意味を含めてこのフレーズを紐解くことが多かった。そんな時、未熟で愚かな自分を省みる機会を与えてくれた言葉で何度も助けられた。

<<ときには、敵のほうが正しいこともある。というのは、人間の心は生まれつきはなはだ利己的であって、どんな論難攻撃をもすべて自分に対する侮辱だとかんじるからである。
 ヒルティの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

愛器退院

先月末に修理に預けた我が愛器であるギター、修理が完了したという電話連絡があり受け取りに行った。全面剥離した駒の再接着と一部汗で落ちてしまったセラックニスの再塗装だったが、一月ほどのご無沙汰だった。

受け取っては見たものの、駒の接着力が十分に強度を取り戻しているかどうか気になっている。弦が張られていなかったので、今しばらくリハビリを兼ねてゆっくり休んでもらおうかと思っている。それに昨年の夏の暑さが原因だろうと思うが、汗でセラックニスが痛んでいたのに手を入れて頂いたこともありそちらの乾燥具合も少々気になるところ。以前練習に利用したエレガットが健全で便利なこともあり、それまでは今しばらく使用することにした。それにしても楽器の修理代金は高い気もする。
DSC_1593.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

緑多いのがお気に入り

先週からの暖かさがバラ園に緑を連れてきました。昨年開園したばかりの小ぶりのバラ園ですが、それでも昨年伸びた分だけ背丈もあり緑も多くなりました。嬉しいことに都心において“パークシティ”と言われるだけあって世帯数一万二千余り、人口三万人近くの一寸した公園都市です。面積は私の故郷の伊佐市とほぼ同じですが、広さは約1/500と狭い中に緑多い公園の町です。このバラ園をはじめとして緑多いのがお気に入りです。
DSC_1591.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする