2018年02月21日

八年前の出来事

事件が発生した。住宅で火災が発生した。警報が鳴っていても誰も気がつかなかった。何となく騒がしくなったのと、キナ臭い匂いがして玄関に出てみて黒い煙が八階から出ていた。至急非難するようにと連絡が届き慌てて階段を駆け下りる。当該住宅に入居して初めて十三階もの階段を駆け下り、消火後にエレベータが使えず階段を登って帰宅した。

これまで住宅は二十回前後変わったが、火災にあったことはなかった。それがこの寒い冬の時期に永住目的の集合住宅が火災になったのには少々ショックであった。住人夫婦が高齢になり車椅子生活だったという。娘さん夫婦が途中で駆けつけて来たけれど既に遅しで殆どが燃えてしまっていたようだ。

今回の火災の現場を見て集合住宅での火事の怖さを知る。黒々とした煙がすごい勢いで部屋から噴出して大きな煙突のようになっていた。はしご車も来たけれど殆ど役立たずで、いざという時にどのように役立たせるかという点では問題であったと思う。住人とても高層住宅においては、手助けしようがないだけにただ見ているだけであった。

わが家族も地上まで降りてただ消防士が、あわただしく走り回るのを見ているだけで時たま知り合いが居合わせると、状況がどうなっているのかを話している。一時間ほどで煙が止まり、殆どの住人も又部屋に戻り何事もなかったようにいつもの生活に戻る。残っているのは後片付けの消防士と警察官だけが事後調査を続けている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

ボヤセン

寒波に耐えられず早朝ウォーキングを昼間の時間帯に変更したら、これまで聴いていたNHKの“らじるらじる”の番組内容も変わってしまった。昼間のラジオで関西発の番組を聴くことになった。“ボヤセン”というのでなんだろうと思っていると、関西ではボヤキ川柳なるのが人気になっているという。“サラセン”に対抗した訳ではないだろうが、毎週土曜午後1時05分から“かんさい土曜ほっとタイム ”で放送されているという。関東でも関西でも川柳の主役は同じらしい。

1.「時間よ」と 二度寝する妻 起きる俺
2.予知不能 妻の怒りの 時期と規模
3.「直帰する」 妻の返信 「えっ!困るー!」
4.妻・子・俺 格差社会は 我が家にも
5.こたつから 首だけ出して 仕切る妻
6.おーい風呂 入ったわよと 古女房
7.弁当は? 「ハイ」と手渡す 五百円
8.ご主人様 たまには家でも 呼ばれたい
9.このオレに あたたかいのは 便座だけ
10.忘れぬよう メモした紙を また捜す
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

幸せな時間

ギタークラブでの練習日、晴天で陽の射す天気ではあったが、そよ風で空気が冷たく感じられる日。しかし、参加者は今年最も多くにぎやかな練習日となった。今春の発表会に向けてそれぞれのお気に入り曲の楽譜を数種類抱えてお互いパートナーを変えながら休む時間も惜しむように練習に打ち込んでおられた。

ほとんどの皆さんが青春時代にあこがれたクラシックギターを思い切り愉しみたいと待ち望んでおられた方々で、既にそれぞれの長い仕事人生をおえられ残りの人生を大好きなギター音色とともに過ごせることを満喫しておられる。傍目には平凡で単なる老人の集まりに見えるが、当事者にとっては最高の幸せな時間なのである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

五種類の人間

人間を長くやっているとこれまで見向きもしなかったことに興味をそそられることがある。以前購入したままの本をたまたま見つけてパラパラめくりをしていたら、本の中に面白いことが書いてあった。それによると人間はつぎの五種類にわかれるとお釈迦様が言われたということらしい。
1) いなくてはいけない人
2) いたほうがいい人
3) いても、いなくてもいい人
4) いないほうがいい人
5) 死んだほうがいい人

事実かどうかはわからないが、わざわざお釈迦様が言われたというだけに何処かの仏典にでも書かれているのだろうか。既に人生の大半を過ごした自分はお釈迦様にどのように評価されるのだろうか気になるところである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

そよ風のように

年老いて気力体力が徐々に衰えを感じるようになっている中で、このところのニュースは事故や事件等暗い話や不遜な振舞いが毎日のように流されている。一つ一つを取り上げたら色々と文句の一つも言いたくなるような世の中になったと考えがちになる。しかし、同様なことが現代だけでなく我が師が存命中の19世紀にもすでにあったようである。彼はそんな気分のとき次のような言葉を残していた。

<<不親切と欲ばりと怒りを殺して、生きとして生けるすべてのものに情けを持て。お前の生活が通りすぎるそよ風のようになるように。・・・ヒルティの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ヒルティの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする