2015年09月30日

天国の食事

高齢になると人生を終える時と終えた後のこともいろいろと気になってくるものである。先日天国があるという考えを長年強く否定し続けていた米国の高名な脳外科医が、その後に本人に起きた臨死体験をもとにこれまでの考えを完全にひるがえし天国は存在すると主張しているビデオを見る機会があった。もしも、天国が実在するとなると以前どこかで読んだのだと思うが次のようなメモがある。食いしん坊には重要なマナーの一つになるだろう。

天国も地獄も1メートル以上の長い箸を使って食事をしているそうです。天国では、その長い箸で食べ物をつまみ、他人の口に運んでいます。お互いに食べさせあって、食事の時間を非常に楽しんでいるそうです。

一方、地獄では、自分の口に入れようと必死になっているのだけれど、箸が長すぎていつまでも食べられず、空腹のまま躍起になっているそうです。自分ばかりお腹いっぱいになろうとすると、結局損をする。相手のために何か行動しようとする人ばかりだと、皆が幸せにご飯を食べられるというたとえ話です。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

読み違え

我が学生時代の昔から御茶ノ水界隈では楽器店が乱立気味にある。先日故郷会で出かけたので帰りに便利に立寄れると思っていたが、少し世の中の動きを読み違えていた。

以前と言って昔のことではなく1〜2年前まで、御茶ノ水の楽器店を何件か回れば必要とするものは殆ど入手できた。今回人気のある楽譜が欲しくて何件か尋ね歩いたが、殆どの店で置いていません、止めましたと言われてしまった。何件かのお店でその理由をお聞きしたところ、最近音楽に関する書籍類は全く売れなくなったのでどの店も置いていないという。アマゾンを筆頭にネット販売が主流で、皆さんそちらから買われていますとのこと。滅多に訪れることのない御茶ノ水の楽器店もエレキ、アコギ、管楽器、オカリナ、ウクレレ、中古品と言うような専門性を主張した店に様変わりしているように思えた。我が愛するクラシックギターなど目立たぬ場所でひっそりと販売されているようだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

故郷会

故郷の伊佐市から上京して関東近辺に住みついた同郷の人々の年一回の集まりが、今年も昨年同様日曜日にお茶の水のホテルで開催された。

昔、“ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの・・・”と室生犀星に歌われたが、今では決して悲しく歌うものではなく毎年故郷会に市長を始め故郷に関わる人々が参加してお互いの交流の場となっている。地元産のお土産を前にこの一年を振り返りそれぞれの故郷への思いを満たしている。今回は特別に私の素敵な読者と二年振りにお会い出来てお互い健康で長生きして人生を愉しみましょうと語り、新たに二人の幼馴染も参加してくれて会えなかった五十数年のそれぞれの人生の歴史を語りあった。こんな素敵な故郷会がこれからも続きますように!!
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

エルゴプレイ

7月に購入した新ギターにはセラックニスが完全乾燥するまで使用を控えていたが、本日から使用することにした。

これまでダイナレットをギター固定と腰痛予防に膝とギターの間に置き調整していたが、軽くて柔らかいこともありしっかり固定出来ないでいた。新ギター用に新しく購入したエルゴプレイ・ギターサポート{小、黒}は従来品より小型だが吸盤の位置が自由に移動できて角度が変えられるよう曲線をおびた長穴に改善されており、ギターへの取り付けが確実にフィットしてギターの固定と位置調整が便利なっている。欲を言えば膝に乗せる部分のクッションが膝の丸みに合わせてカーブしているとさらに良いのだが、今回は自分の膝上で合うようにへの字に曲げて利用することにした。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

昔と今

むかしむかし故郷の田舎道で車が走り去った後を追いかけていた子供達がいた。

当時の車の殆どがオンボロ車で走る速度もゆっくりしたもので良く故障もした。子供達の目当ては何一つ匂いのしない澄んだ空気の中で遊んでいるところに突如として漂ってくる化石燃料の燃焼した匂いである。白煙の排気ガスは滅多に通らない道路では子供達にとっては魅力的な匂いであった。それぞれがもっと多く匂いを嗅ごうと懸命に走り出す光景はいつの間にか田舎風景の一つだった。その排気ガスを如何に少なく無害にするかというのが車社会となった現在の大きな課題となっている。何事も過ぎたるは猶及ばざるが如し、ということでこの二三日世界一の自動車会社VWがその対策の方法で直面している問題だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする