2015年09月20日

体重考

退職してから4キロぐらい体重が減って現在66kg前後でほぼ2年近く続いている。毎朝のウォーキング以外特別な減量もしていないのだがほぼ一定の体重をキープしている。一つに毎朝体重計に乗ることのメリットが生かされているのかも知れない。66kgだと何もしないが70kg近くになれば食べ過ぎと調整するようになる、又、その逆もある。

現役中では70kgをほぼコンスタントに超えていたがそれでも気が張っていたせいかも知れないが体が重いという感じはなかった。それが今では70kg近くになるだけで非常に重く感じられるようになった。一つは膝に負荷がかかると痛くなることもあり特にそのように感じるのだろうと思う。体重が増えて得なることもないので今は減量を良しとする。

以前から食べ過ぎるとお腹を壊す傾向にあったがこれは今も同じである。但し、以前はその頻度が高かったが現在は66kgを保っている限りは殆ど起きない。一つだけ起きるとすると油を使った料理を食べたらテキメンにこの傾向がある。これは体質的なものなのかも知れない。何れにせよ適量を食べている限りは増えも減りもしないからだのようだ。

思い起こせば入社時に測定した体重は53.5kgだったのでそれから12kg以上増えたことになる。この12kgの増加は何を意味するのだろうか。身長は伸びていないので脂肪が増えたのか、骨が太くなったのかそれとも脳みそが増えたのか。最後の脳みそが増えて知恵と知識が増したのであれば嬉しい限りだがどうだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

人気バラ園

清掃工場の近くに従来からあるバラ園が、人気のスポットとなってカメラ片手の見学者が年中訪れている。2011年に発生した東日本大震災により引き起こされた大規模地震災害時に総ガラス張りの熱帯植物園の建物が地震対策上問題ありと言うことで取り壊された。

清掃工場の余熱を利用した建物には熱帯地方の果物が実り都民の憩いの場所だったその跡地に新しくバラ園が拡張されることになった。丁度その工事が始まったところでこれから半年ほどかけて造成されると人気のバラ園は倍の広さになりバラの好きな人にはたまらないだろうな。
DSC_0374.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

人生の価値

<信頼は、年を重ねた胸の中でゆっくりと育つ植物である。>

高齢になりこれまでの人生を振り返ることも多くなった。これまで出会った多くの人々の中で今でも会いたいと思う人達がいるが、そんな人達とは何か素晴らしい思い出につながることがある。若い頃に共に学んだこと、忘れがたい体験、思わぬ同情や親切等実に様々で今も心温まる思いを募らせる人達である。時が流れても変わらぬ対応に信頼を置ける人達でもある。高齢になりそのような信頼の持てる仲間がどれほどいるかと言うことがその人の生きた人生の価値に匹敵するのではと思うこの頃だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

練習開始

トレモロ練習を開始するに当たり教則本やDVDそれにユーチューブから色々探して自分にも出来そうな基礎練習曲を6曲集めた。

最初はp・m・aによる初期基礎練習ということで3連音符による疑似トレモロ練習で最もシンプルなものだ。これだったら速度は別としても自分でも弾けるかなと思える練習曲で僅か四小節だけで繰返し記号がついている。本日試して見たがこれだったら親指が不安定な今でも練習が始められると思った。しかし、録音再生して大きなため息が出てしまった。トレモロとは似つかない音がそこに録音されていた。夢は遥かに遠いと分かったが、それでも敢えて練習開始記録として残すことにした。

posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

停滞気味

このところギターの上達が感じられない日々が続いて気分的には大変落ち込んでいる。特に右手親指がこれまでの悪癖で滑らかな動きを阻害していて、悪癖修正が必要だと考えている。それにはこれまでと同等の練習時間が必要だ。ここに来て落胆しているようではいつまで経ってもトレモロを、ましてはアルハンブラを弾くことなど夢の又夢となるだろう。

残された時間を如何に有効に利用できるかを考えて親指の問題を解決し、退職後の最大の目標であるトレモロ曲を弾けるようになるということを改めて確認しなければなるまい。ギターを始めたきっかけが何回も書き記すことになっているがトレモロ曲を弾きたいがためであり、退職した今は贅沢な時間を使えることを忘れてはならない。
posted by Tommy at 05:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする