2015年09月05日

月光に思う

初級者向けのソルの練習曲である月光を自分の弾ける曲の一つにしたいと思っている。これまで特別な感情もなく単に練習曲と思っていたが、最近になってその考え方を変えることになった。何回か弾く中でこの曲の持つメロディの良さが分りかけて来たことである。単調だがそれでいて美しいメロディは月光と呼ぶにふさわしい。

最初に手掛けたのは何となく弾けそうだという感覚で見つけた曲だったが、結局その時は弾き通すことは出来ずに終わった。NHKのギター講習に通いだしてこの曲を自分の課題曲として取り上げた。それが大きな間違いだったのか音楽性が全くない弾き方をしているとの指摘を受けて何度も何度も練習するうちに左手の故障を招いてしまった。

その後しばらく手を付けないでいたが、最近になって何か弾けるものをと考えた時にこの曲が浮かんできて現在取り組んでいる。確かに練習曲として以前録音したものを聴きなおすとまるで音楽性の無い弾き方だということが自分でもわかるようになった。これは時間がもたらした感性の成長だろうか。今はそれを音楽性ある曲に仕上げようと考えている。

若い時はがむしゃらに弾く事だけを考えていたのと同じで何かを得ることだけに夢中になっていたのではないだろうか。人生も終盤になりこれまで得たことを静かに振り返りそれらの一つ一つをじっくり考えて見ることも必要ではないだろうか。このところ何も考えずに進むことが多すぎるのかも知れない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする