2015年09月20日

体重考

退職してから4キロぐらい体重が減って現在66kg前後でほぼ2年近く続いている。毎朝のウォーキング以外特別な減量もしていないのだがほぼ一定の体重をキープしている。一つに毎朝体重計に乗ることのメリットが生かされているのかも知れない。66kgだと何もしないが70kg近くになれば食べ過ぎと調整するようになる、又、その逆もある。

現役中では70kgをほぼコンスタントに超えていたがそれでも気が張っていたせいかも知れないが体が重いという感じはなかった。それが今では70kg近くになるだけで非常に重く感じられるようになった。一つは膝に負荷がかかると痛くなることもあり特にそのように感じるのだろうと思う。体重が増えて得なることもないので今は減量を良しとする。

以前から食べ過ぎるとお腹を壊す傾向にあったがこれは今も同じである。但し、以前はその頻度が高かったが現在は66kgを保っている限りは殆ど起きない。一つだけ起きるとすると油を使った料理を食べたらテキメンにこの傾向がある。これは体質的なものなのかも知れない。何れにせよ適量を食べている限りは増えも減りもしないからだのようだ。

思い起こせば入社時に測定した体重は53.5kgだったのでそれから12kg以上増えたことになる。この12kgの増加は何を意味するのだろうか。身長は伸びていないので脂肪が増えたのか、骨が太くなったのかそれとも脳みそが増えたのか。最後の脳みそが増えて知恵と知識が増したのであれば嬉しい限りだがどうだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする