2015年10月31日

トレモロ基礎練習

やっと始められたトレモロ基礎練習、最も簡単な練習曲だが意外と難しいのを感じている。不安定な親指はスポンジを人差指との間に挟み、親指のブレを吸収させて弾いて録音してみた。

不安定な親指と音の粒が揃っていないので、テンポが100を超えて弾くことが出来たとしてもトレモロの感じが全く出てこないのが情けない。トレモロのテンポといわれる120までもう一息の処まで来たということで10月の基礎練習開始後の最終日の練習記録として後で振り返るため録音で残すことにした。

posted by Tommy at 04:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

行動

<行動はいつも幸せをもたらすものではないが、行動なくしては幸せはない。>

定年退職を前にして持て余すだろう自由な時間を如何するか、誰もが直面する問題である。そんなことはないむしろ自分の時間が増えるので歓迎している、という人もいるだろうが大半の人が時間を持て余していると聞き及んでいた。現役時代不器用で過ごして来た自分には引き続き楽しんでゆける趣味の一つもなかった。そんな中で色々検討したがこれから何かを新しく始めるには歳を取り過ぎて自分で楽しめるレベルまで残された時間で届くのかを考えると絶望的だった。それを後押ししてギター練習を始めるきっかけを作ってくれたのが前述の素敵な言葉だった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

大切な旧友

大学の旧友から2〜3カ月毎の定期近況報告の電話がある。大学に入学したとき知合いが殆どなかった時期に同郷の好と言うことで声かけて来てくれた。お互い学費を自分で稼ぎながらの通学で生活環境も似たようなもので馬が合った。それ以来の付き合いだからかれこれ40年以上にもなる。

高校時代の彼は学業優秀で郷里の有名な賞を貰うほどの頭脳の持ち主で、平凡な自分は常に刺激を受ける立場だった。特に起業魂は強くいくつかの事業を始めて成功させた。語学にも関心が強く英語とドイツ語をものにしてそれらを駆使して今も外人との交流を楽しんでいる。

その彼も今は全ての仕事から足を洗い故郷で家族と一緒にのんびりした生活をしている。電話の最後はいつも決まった言葉で、“お互い長生きして残りの人生をもっと楽しもうな”である。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

快晴

久しぶりの快晴である。窓から眺める山々の稜線もくっきりと青い空にシルエットになっている。

今日のような快晴と呼ばれるような気持ちの良いときは黙ってその恩恵を受け止めて次へのステップを考える余裕を持ちたいものである。人生は限られた時間しかないものであると言うこと。人生は一度きりであるということ。人生は楽しむことが大事だということ。それらを一つ一つしっかりと日常生活の中に取り込んで行きたい。

DSCN0500.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

腕時計

最近腕時計はパソコンの画面の下に鎮座したまま二年余り時だけを刻んでいる。つまり退職した後は全く腕にはめることが無くなった。

高校生のときまで遡るのだろう私が初めて腕時計を手にしたのは、確か兄貴が入学祝いに買ってくれた時計をしていたような気がする。当時なけなしの金で記念にと買ってもらったのを思い返すと大変ありがたいものである。腕時計はその後割安になったこともあり自分で買うことも出来たし、景品として無料でもらうことも多かった。シンガポールで買ったセイコーの金色のペアー時計は長年使ったが、鎮座するのは流行のソーラ付電波時計になっている。購入価格もこれまでの最高の時計である。しかし、特別に大きな思い出もなく自分の分身としてこれまで目立たず一緒にいてくれたので今はゆっくりしてもらいたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする