2015年10月22日

テレビ考

テレビが我が家に届いたのは高校1年のときではないかと思う、そしてそのテレビが高校卒業するまで見ることになった最初のTVである。

その後、上京して下宿先のお古TVを借りて長年見続けたことを思い出す。自分で最初に購入したのはいつのことだったろうか。アパートを借りて一人で住むようになって購入したときだろうか。当時は自分にはとても贅沢なものであったような気がする。そのTVもその後次々と買い替えることになりこれまで続いている。今は高齢老眼にもみえる四十二インチという大画面を利用している。番組の内容が今ではそれほど興味あるものがなく大半がニュース番組を見ることに費やしている。しかし、なければ寂しさを感じるだけに今は家にはなくてはならない必要品の一つとなっている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする