2015年12月26日

恒久的な安定

恒久的な平和と言う言葉があるけれどその意味では永遠にということと似たようなものでもある。人は誰しも長く続く平和な生活を期待する人が多い。現実にはその時々に応じて色々な気持ちの変動があり、それが心を揺さぶり大きく影響することもあるけれどいずれにしても人々は恒久的な幸せを望むものである。

稀に厳しい生活環境からスタートするときもあるけれど、それでも安定した生活を営むようになればそこで現状の恒久的永続性を望むようになる。厳しい生活が記憶に残れば残るほどその反動は大きくより大きな幸せを望むのもこれまた自然の流れであり、時間と伴に自然に落ち着いてくる定常的なところが生まれてくる。

果たして自分のこれまでの人生はどうであっただろうか。厳しい幼年期の環境は貧しさとの妥協であった。食べ物も制限され欲しいものも手にいらず、世の中を知る方法もなくただいたずらに時間を浪費していた時代。何もかも自分で見出してゆかなければならない人生であっただけに時間の浪費は退屈さを生み出すだけだった。

それがこの東京に出て一変した環境では全てが学べるものであることを知る。学ぶことで多くのチャンスが生まれることも知る。今後自分をどのように活用するかは全てこれからの学びによると信じることが出来たので、それ以前と以後の状況は大きく変わってきたといえる。自分の人生を恒久的な安定を得ることを目標に生きてきたが、果たしてどのように自分で自分を評価できるだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

ブログ更新

クラシックギター練習を続けて行くのには同好仲間のブログは大切な情報源でありギター関連情報の交流の場だ。更新が定期的に行われ継続されることを望みたい。

これまでブログ仲間も大いに賑っていたのだが、ここに来て更新が途絶えがちになってきた。本業が忙しくなって興味が薄らいできたのだろうか、それともクラギ仲間には高齢者が多いので健康上の問題だろうか。あるいはブログを継続して行くことの難しさにぶつかっているのかも知れない。変化の中には自分自身の日々の生活にも同様の問題があるのかも知れない。このところギターに対する問題意識が弱く記事内容もあまり仲間に発想意欲を湧かせないのかもしれない。本日はクリスマス、クリスチャンではないが大いに食べて飲んで人生を愉しみ素晴らしいギター音色への希望を膨らまして行きたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

お楽しみ会

天皇誕生日の休日は今年最後のギタークラブ練習日、午後2時から7時半まで前半はそれぞれの思いの曲を練習して過ごす。後半は準備した軽食と飲み物で盛り上がり、今年一年のそれぞれのギターの成果や失敗或いはやり残した事などを面白おかしく話す。

その後皆の前で得意とする曲や、今年覚えた新曲を衒うことなく演奏披露する。クラブ仲間全員が皆の前でギター演奏を競って弾く、そんな雰囲気が既に出来上がって来た我がギタークラブのお楽しみ会となった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

カルカッシ25の1番

カルカッシ25の6番を最初に手掛け次に3番を録音した後で、この25の練習曲集は必ず順を追って進むことという注意事項が目に飛び込んできたので改めて1番から取り組むことにした。

注意事項には音の粒が真珠のネックレスのように美しくそろっていなければならぬと記されているが、とてもとても・・・・。ゆっくり弾いたにも関わらずアルペジオのつながりが難しく感じた。その練習曲の録音をアップするのもどうかと思ったが、今の実力として記録に残すことにした。

posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

迷路にハマる

今年10月からトレモロを弾きたい一心で講師や同好の仲間に薦められた色々な基礎練習を一週間ずつ試してきた。この3カ月近くかけて取捨選択して来たが、ここに来て振り出しに戻ってしまった。

プロの講師に練習法は人其々に異なるので、ありとあらゆる方法を試して根気よく続けられ自分に最も適した方法を探して練習する方が良いと言われていた。講師自身でもありとあらゆる方法を試して来たが、時間がかかった事も事実であるとお聞きしていた。トレモロ練習法について書かれた教則本、DVD,ユーチューブ、同好のブログ等でいずれも本人はこの方法で成功したとなっていたが、眉唾ものからマスタークラスまで実に様々なものがあった。

本日は一日中ギターに触れず気分転換を図り、これまでトライしたトレモロ練習法の再評価を行い、その中で少しでも効果が感じられたのを集約して今後自分に適した練習法を見つけて行きたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする