2015年12月08日

愛用のキーボード

手動式のタイプライターで操作を覚えた古い人間なので、どうしても最近の軽すぎるタッチよりストロークのあるキーに馴染んでいた。それにテンキーも必要としないので出来るだけキー数の少ないシンプルなキーボードをあちこち探し回って気に入ったのをやっと見つけて十年近く愛用していたのだが急に入力できなくなった。

最近動きが遅いのでウイルスソフトで久し振りに検査させたところ2つのウイルスが発見され除去されたとコメントが出たがまさかドライバを除去したのではと思ってシステム復元しても全く動かない。ワイアレスマウスは動くので色々試して見たが結局使えない。数時間格闘した後に現在のパソコンに標準装備として付いてきた倍近いサイズの軽いタッチのキーボードを使うことになった。癪に障るのは接続するとドライバは自動的にダウンロードして一発で動き出した。長年使い馴染んだキータッチの差はギターの弾き勝手とは比べものにならないほど大きい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする