2016年01月16日

豊かな後半生

追憶、それは人生を豊かにする糸口である。その先にどれほど多くの思い出がつながっているかが、その人の幸せ度に比例するのではないだろうか。多感でより多くの恋をし、失恋をし、多くの仲間とのつながりを持つ者ほど幸せなことはないだろうと思う。一時的に少々悩んだとしてもそれは何事も美味しい料理には少々の味付けが必要なのと同じである。

人はだれでも100%自分が中心であり、そことのかかわりが思い出であり追憶につながるものである。自分がこれまで出会った人々の中でどんな人たちがいるだろうか。日々そのことを思い浮かべている。今思うにより多くの人に出会い思い出を数多く作っておくことが、後半生を豊かにするものであることを感じる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

達磨祈願

今年最初のギタークラブの練習日をすっかり忘れていた、実にのんびりしたものである。

正月休みをあまりにのんびり過したせいか、いつもなら忘れることのない練習日を家で録画した映画を見て過ごしてしまった。何気なく見た携帯にギタークラブからメールが届いていた。最近高齢難聴が進んで携帯電話のベルを聞き逃すことが多くなり、今回は練習が終わりかけたころに気が付いて謝りの返信メールとなってしまった。楽しみのギター練習もこのところの進歩の低迷で練習時間さえも少なくなっている。これでは情けないと本日は今年一年の計画を祈願して達磨に目を入れた、それも片目だけでは成就するのも難しいだろうと勝手に解釈して両目を入れた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

氷点下

いつもの公園の芝生が白くなって寒々とした朝である、それでも毎朝顔を会わせる人がいつものように歩いている。

朝のウォーキングでは毎朝同じ顔ぶれに会うことが多い。個人的に知っているわけでもないし、挨拶も交わしたことがないのに出会うと何かしらホットする。お互い無口でただひたすら前方を見て急ぎ足ですれ違うだけだが、何故か親近感を覚えずにはいられない。この冬一番の寒さで氷点下となった公園は霜が降りたのか、いつもの緑の芝生が白くなりウォーキングを続けている人の息も白くなっている。最低気温となった今朝は心なしか日頃より人数が少ないようである。それでも元気が良いのは残された寿命を氷点下でも楽しんでいる高齢者だけのようである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

目標達成

殆どの成功者と言われる人が言っている言葉に、常に大きく簡単には達成できないような高い目標を持つことが重要であるとのこと。

人は誰もが目標を持って行動するがそれを達成するのに短時間で出来ることもあるし長時間かかる場合もある。あるいは何か月、何年、何十年にも及ぶことがある。しかし、その達成の喜びは次の目標がなければ一瞬であり一夜の宴で終わることを成功者は知っている。

成功者と言われる人は目標に向かって前へ前へと進んでいく行為そのものを求め、次から次へと目標を設定してその達成を目指して毎日を送る。だからこそ成功者になりたければ、大きく簡単には達成できないような高い目標を持ち続ける必要がある。なかなか含蓄のある言葉で目標達成できない自分が励まされているようである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

タイムカプセル

人生を長年務めてくると集めたお土産や記念品等があちこちに詰め込んであるらしい。部屋が狭いこともあり家内が最近積極的に断捨離を進めている。

今朝起きると、どこから出てきたのかビニール袋が机の上に置いてあった。何だろうと開けてみると私の小学校1年生から中学3年生までの通信簿がボロボロになって入っていた。ついつい見てみるも問題の音楽だけが他の学科に比べ一段低い欄に印が入っている。さすがに一番高い欄にも印がなくごく普通の成績で目立たない生徒と担任のメモが残されていた。

一緒に黄色く変色したラニングも出てきた。高校生だった前回の東京オリンピックで多くの観客が見守る故郷の道路を2キロだけ繋いだ聖火リレーで一回だけ着たものであった。当時人前に出るのが極端に恥ずかしくて2度と着ることなくしまい込んでいたものだ。
DSC_1087.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする