2016年01月10日

自分探し

人生は二度と繰り返すことは出来ない。そんな中で何かに怒りをぶっつけることが果たして良いことだろうかと疑問に思っていたころの話だ。

数年前のこと空港での待ち時間があったので文庫本を2冊買ってそのうちの一冊を読む。“怒らない”ということをテーマにした本で実に参考になった。人は受け取り方次第で怒りから避けられるという単純明確な内容でこれなら自分でも十分に対応できると思った。人生は実に短い時間である、そんな中で怒ることによる時間ロスをしたくない。そんな時間があったら大いに笑って楽しむことではないだろうかと。実に明快な答えを得たような気がした。その後の生活での自分探しに回答を得たような気分にもなった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする