2016年01月16日

豊かな後半生

追憶、それは人生を豊かにする糸口である。その先にどれほど多くの思い出がつながっているかが、その人の幸せ度に比例するのではないだろうか。多感でより多くの恋をし、失恋をし、多くの仲間とのつながりを持つ者ほど幸せなことはないだろうと思う。一時的に少々悩んだとしてもそれは何事も美味しい料理には少々の味付けが必要なのと同じである。

人はだれでも100%自分が中心であり、そことのかかわりが思い出であり追憶につながるものである。自分がこれまで出会った人々の中でどんな人たちがいるだろうか。日々そのことを思い浮かべている。今思うにより多くの人に出会い思い出を数多く作っておくことが、後半生を豊かにするものであることを感じる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする