2016年01月22日

人間力

人はそれぞれ持って生まれた性格と知能がある。同じ年月を過ごしてもそれぞれの人間力には大きな違いがあり、それによる成果も大きく違ってくる。そのようなわけで人間力というものは非常に重要なものである。人はこの人間力を高めるために教育を受け経験を積み何とか社会に出てゆく。社会の中では人と交流することでさらに高める活動をする。

組織の中や社会で仕事をして行く中では対峙する相手が必ず必要でありその人たちとの交流なしには何事も進まない。ましてやその成果たるやその人の人間性に負うところが大きいといえる。それほど大切な人間性とはどうやって得るのだろうか。優秀な人と言われる人は実に優秀である。対峙していながらなぜこのように優秀なんだろうと思うことがある。今の自分は彼らと同世代にいたらとても太刀打ちできなかっただろうと考えずにはいられない。それほど優秀な人材だがこれから先の人生はそれでも不思議なもので成功だけが待っているわけではない。それが又人間であり人間ゆえの不思議さでもある。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする