2016年02月09日

青春時代

高校時代の多感な時に過ごした部屋には今は不思議にも思える観光地で有名な場所を写した写真が貼ってある。そのどれも将来自分が訪問することになる場所とは当時思いもしなかったのに今はそれが全て実現して初めてその不思議さを思う。十数か所にも及ぶ当時の写真が恐らく今も蜘蛛の巣とともに残っていることだろう。その他に真空管ラジオも手製のベッドも机も椅子も昔の面影を残していることだろう。それらに囲まれた青春時代、何を想い憧れ悩んで過ごしたのか当時がそのまま残っており懐かしく思えてならない。ときとしてふと思い出す青春時代、独り過ごした部屋がわが青春時代の全てに通じる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

希望創造

<一年の希望は春が決める。一日の希望は晩が、家族の希望は和合が、人生の希望は勤勉が決める。> 

希望の春の気配が見えてきた。春は新芽が吹出し、新しい挑戦への意欲が生まれるときである。毎年この時期になると今年一年の新たな希望が湧きモチベーションの高まりを感じていた。そして、早速明日は何をしようと具体的な予定を考えて明日の希望を胸にベッドに入る。大切な家族の希望と今年の実行計画も夕食時に語り合う。それらの夢も希望も実現できるかどうかは全てに自分自身との約束を確実に守れて日々を勤勉に過ごせるかにかかる。そんな気持ちにさせてくれる希望創造の言葉だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

練習目標

今日の一日自宅で過ごしたが果たして有用な事だっただろうか。自宅ではいつものギター練習を主に行ってはいるが一向に上達していない。こんな日々がこの二年以上続いてきただけに心身共に疲れ果てているような気もしている。こんな時でもきっと自分を生かせる道があるだろうと思うのだがそれが今のところ見つからない。

昨年同日のブログを捲ると“困難を考える”と題して同様な気持ちを書き綴っている。この困難さは加齢、肉体の衰え、それとも知能の低下。いろいろな難しさが物理的に表れて困難という気持ちにさせている気がする。人は誰でも最初は同じスタートラインに並んでそれほどハンディはない。あるとすればそれを考える時間を作っていることではないか。

今自分がやらなければならないのは、難しく考えないことではないかただひたすらに練習を重ねることである。これまで登った山も厳しい一歩一歩の積み重ねであったことを覚えているはずである。そのことが思い出に残る山登りとなっているではないか。ギターも全く同じことである。名手となるには退屈でも日々練習を積み重ねることである。

確実なことが一つある、それはトレモロ曲を弾けるようになりたいという目標である。現在のギター練習を継続しているのもその目標があるからであり、遅々として進まない練習にストレスを感じながらも毎日進めて行けるのも前向きなこの目標を実現しなければという強い思いがあるからだ。気分の浮き沈みの中残りの人生をそれで愉しく続けたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

事前準備

前もって準備するということの大切さを現役中は何度も味わっている。その時の場面を想定して前もって準備しておくことは、心に余裕を持つことが出来る上に手抜かりなく相手にも安心感を与えることが出来る。その結果、信用という大きな宝を手にすることができる。それを考えると事前準備と言うことは非常に大切で欠かすことが出来ない。

ビジネス環境では多くの人々と会う機会が多い。それぞれが異なった文化を持った人々とはその対応の仕方も変わってくる。それだけにあらゆる面から考えた事前準備が欠かせない。米国人、欧州人、アジア人、中東人、中南米人、アフリカ人それぞれを数え上げたらきりがない。唯一つ共通な準備はもてなしの心である。

人生においても勿論準備が必要である。人はそれぞれの生き方をしているけれど十分に準備しながら生きている人はどのぐらいいるのだろうか。身近な自分自身がどうかと問われると答えに窮してしまうけれど、他人の様子はよくわかるようである。刹那的な生き方をしている人に老後が安泰な人は少ない。少なくとも一つのことを黙々と続けた人ほど老後の生活が安定していることも事実である。

このように事前準備ということにおいては日々の準備からお客対応の準備、それに人生についての準備とそのレベルは大きく異なるけれど必要なことは心して実施しているかどうかである。それによる結果の積み重ねが今日の自分を形づくっていると思うことである。なにごとも事前準備なしには確実な成果を得られないということで対処すべきだと思う。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

梅の季節

公園内にある五十本前後からなる梅林の隅で、小さな梅の木がほぼ満開に近くなった。一月初めには他の大きな梅の木に先んじて最初に数個の花を咲かせていた孤独な梅の木が、寒風をこらえて今日までしのいで今朝一度に咲いて梅林の中で最初に咲き誇っている。木漏れ日を痩せこけた枝に一身に受けて強い生命力を誇示しているようだ。
DSC_1103.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする