2016年02月07日

練習目標

今日の一日自宅で過ごしたが果たして有用な事だっただろうか。自宅ではいつものギター練習を主に行ってはいるが一向に上達していない。こんな日々がこの二年以上続いてきただけに心身共に疲れ果てているような気もしている。こんな時でもきっと自分を生かせる道があるだろうと思うのだがそれが今のところ見つからない。

昨年同日のブログを捲ると“困難を考える”と題して同様な気持ちを書き綴っている。この困難さは加齢、肉体の衰え、それとも知能の低下。いろいろな難しさが物理的に表れて困難という気持ちにさせている気がする。人は誰でも最初は同じスタートラインに並んでそれほどハンディはない。あるとすればそれを考える時間を作っていることではないか。

今自分がやらなければならないのは、難しく考えないことではないかただひたすらに練習を重ねることである。これまで登った山も厳しい一歩一歩の積み重ねであったことを覚えているはずである。そのことが思い出に残る山登りとなっているではないか。ギターも全く同じことである。名手となるには退屈でも日々練習を積み重ねることである。

確実なことが一つある、それはトレモロ曲を弾けるようになりたいという目標である。現在のギター練習を継続しているのもその目標があるからであり、遅々として進まない練習にストレスを感じながらも毎日進めて行けるのも前向きなこの目標を実現しなければという強い思いがあるからだ。気分の浮き沈みの中残りの人生をそれで愉しく続けたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする