2016年02月18日

桃園の誓い

三国志を読む機会があって二十数年前に読んだことがある。その始めの頃の話の中に桃園の誓いという話が出てくる。劉備を含めた3名がそれぞれの誓いを桃の花が咲く園で行ったという話だが三名が出会ってどのような約束事をしたかという内容である。後に続く壮大な内容の前触れとして記憶に残るような導入の仕方である。

そこで語られた誓いが三国志の流れの中でしっかりと守られていることを印象付けるようになっている。それぞれが受け持つ役割も明確に記述してあり実にわかりやすい話である。
三国志の部隊になった成都にはこれまで4回ほど出掛けただろうか。そのうち2回ほど劉備元徳を祭ってある寺に行ったことがある。いずれの場合も今は観光地になっており当時の面影が残っているとは言えないが数千年も前に実在した人物伝であるだけに興味がそそられた。

他人との約束と言うものを人はどのように扱ってきているのだろうか。全く意に介さない人もあるだろうし忠実に守ってゆく人もあるだろう。しかしあまりに忠実な人は融通が利かずあまり賢くない人に多いと感じられるが、現代においていずれの対応がよいのかわからない。当時と違って価値観が急激に変化している時代、昨日と今日では全く逆の価値観に出会うかも知れないだけに複雑な気分でもある。

果たして当人である自分はどんな対応をしてきただろうか。人との約束をしっかりと守ってきたと言えるだろうか。多くのことで不利な約束は忘れていることが多いのではないだろうか、あまり価値を認めないような内容においてはそんな気がする。これまで自分から去って行った人の多くはそのような関係の人ではなかっただろうか。思い出を語るときにそのような人が浮かび上がってきたときは淋しくなるような気もする。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする