2016年02月20日

真実をつく

カルカッシ25の練習曲でギター練習を始めたのは良いが、所詮は初心者月1回のNHK学園でのレッスンだけではなかなか上達することが難しい。25の練習曲を全て録音するところまで練習を重ねれば、自分自身への自信も付くと始めたが思うようには進まない。一月に1曲のペースでと考えたが、それもままならずに実に時間がかかっている。

通しで弾けて録音が出来ればギター演奏技術に対する大きな一歩を築くことになり、ある程度ギター演奏を愉しめるところまでになるだろうかと考えた。そしてその後の練習にも弾みが出て来てトレモロ曲も易しく思えてくるのではと考えたが、今になって実に甘い考えと知る。あるプロギタリストの言葉で速い音形を華麗に弾きたいのなら超スローな練習をしっかりと積み重ねましょう、それが結局は近道となりますとあった。真実をついている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする