2016年03月11日

遭遇の女性

毎朝ウォーキングの途中で自分とは逆方向に歩く人がいる。その人にこの何日か顔を会わすことが無かったのが気になっていた。

退職して3年近く毎朝ウォーキングを続けると多くの老若男女と出会うのだが、同じ人と毎回会うとは限らない。むしろ殆どの人は初対面か数日間だけあるいは休日の時だけといった状況である。そんな中で3年ほど前から毎朝独りで真っすぐ前を向いて黙々と続けておられる中年の女性。当初はジョギングだったが半年ほど前からウォーキングに切り替えられたようで今もひたすら歩くことを続けられている。恐らく何年も前からの習慣だろうと思うのだが挨拶するわけでもなくお互い通り過ぎるだけだが、同じ行動を毎朝見かけると同好の仲間に感じてしまうのは自分だけだろうか。寒の戻りがあった今朝元気に歩いておられるのに出会ってほっとした。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

脳ドック

現在利用している健康保険で脳ドックを勧めていたので受診して来た。日頃物忘れをすることや人の名前が出てこない時に家族から認知症にならないでねと言われているのでこの際調べてもらおうと出かけた。MRIはこれまでも何回か利用したが最後が5〜6年ほど前だったと思うがそれも忘れてしまった。30分近く体を固定したまま狭い機器の内部でゴリゴリ、ブルブル、カンカン・・・と耳栓してもうるさく感じる測定だ。結果は1〜2週間後に連絡してくれるらしいがどうなることやら。それにしても認知症が本当にMRIでスクリーニング出来るようになれば便利だと思うが高齢者には怖い話だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

コブシ咲く

練馬区の花であるコブシが昨夜の温かい雨を受けて一斉に白い花を咲かせた。コブシはモクレン科モクレン属の落葉広葉樹で18mにもなる高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる。別名「田打ち桜」。果実は集合果であり、にぎりこぶし状のデコボコがありこの果実の形状がコブシの名前の由来であるとのこと。練馬区では光が丘公園を起点とゴールに昨年から始まったコブシマラソンが今月27日に開催される予定。
DSC_1126-2.jpg
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

体力を思う

人間還暦をすぎて古希に近くなるにつれて体力が急激に落ちるのだろうか。若い頃朝ジョギングしていた頃を思い出すとそれが感じられる。何処かに遠出した次の日はひたすら休めるということだけでそれ以上は考えが浮かばない。事実部屋から一歩も出ずに過ごすことが多い。

還暦前は腹筋50回、エルゴメータ30分というようなトレーニングを毎朝継続していたのだが、最近は部屋の環境にもよるがストレッチだけになってしまった。大して汗もかかない軽いものだがそれでも体力の衰えを感じている。

以前読んだ本の中に禅の話があった。人は全てが同じ元素から出来上がっていてそれぞれの元素がたまたままとまって一個の人間を形成しているに過ぎない。その形成された個がいくら食べようが財を保持しようが、その個に該当する人間が永久に生き続けるわけではない。生き続けるのはその人が残した影響力である。死んでしまえばそこは全て元の元素に分離してしまうだけであり後には何も残らない。そんな諦観にも思える考えを述べている。

日々の生活の中では前述のように体力が落ちてきたとか貧したとか嘆くことが多いがそれは禅の考えからすればたいしたことでもないという。それをしっかり自分の考えの中に取込んでいけたらうれしい限りである。それで体力の衰えをカバーできるとなれば。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

プラス思考

<<幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。言葉は選んで使いなさい。言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもなるのです。>>

現代の社会現象だろうと思うがアメリカから入って来たプラス思考なる考えがしっかりと日本社会にも根付いているよう思う。若い頃から気の弱い私などこの言葉に振り回されていたような気もする。しかし何もかも上手くゆかずに落ち込んでいるときなどはマーフィー語録なる本に随分と助けられたような気がする。内容は潜在意識の法則というメンタル的なものだけにその言葉に効果があったと確信出来るものではないが何となくというところだろう。ジョセフ・マーフィー(Joseph Murphy, 1898年5月20日 - 1981年12月15日)は、米国で活動したアイルランド出身の宗教者、著述家。ニューソート派に属し、主に牧師として活動した。潜在意識を利用することによって自らや周りの人さえも成功、幸福へと導く「潜在意識の法則」を提唱した。関連著作は自己啓発書として広く流通している。ニューソート関係の思想家では、もっとも愛好された人物のひとりである。Wikipediaより
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする