2016年03月03日

許容範囲

世の中の人間にはいろいろな人がいるものである。それが自分の許容範囲であれば扱いも難しくはないけれどそれを超えているときほど面倒で時間のロスに繋がっているような気がする。

どんな人にも許容範囲というのがある。人と人との交流の中で相手にはここまでは許すけれどこれ以上は許さないと言うものがある。それを超えたところに大きな軋轢が起きてくる。

自分自身の許容範囲はどのくらいなのと聞かれたら答えようがない。比較的狭い範囲ではないかと思っている。イラつくと直ぐに顔に出てくるし態度にも表れてくる自分が情けない。十分な許容範囲を持ち、全ての人をも取り込めるような懐の広さがあればと思うが貧しさの中に育った自分には人の気分を見ることだけが長けてきて許容するというような大きな心は育っていないのかも知れない。

人が組織の中で働きプロとして認められるためには少なくとも@やる気があってA専門能力が高くB調整能力がありC人望高くD健康な人である必要があると物の本には書いてあるが、そんな人雛壇の最上段にいる殿上人だけだろうとひな祭りの今日思いめぐらす。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする