2016年03月19日

寝坊考

今朝は久し振りに寝坊してしまった。外の明るさで目が覚めて枕元の時計を見ると6時半を指している。

昨夜はそれほど遅くまで起きていたわけでもないのだが高齢者の常で二度ほどトイレに起きだしたのがリズムを狂わしたか。あるいは久しぶりの快晴で強い日差しの中、ベランダ農園で柿の挿し木をするための作業に少々長めに日光に当たったせいだろうか。いつもの朝のラジオニュースを聴きそびれたのも気になった。いつもの公園のウォーキングも時間がずれると毎朝出会う人にも会うことなく何となく落ち着かない。おまけに公園内で事件でもあったのか警察官が何人かパトロールをしていた。日常の平凡な中にも寝坊したことで違った側面に気付いて面白い。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする