2016年05月26日

アケビ仲間入り

我がベランダ農園にはるばる四国山脈の高地からアケビの苗が仲間入りした。果樹を育てている話を義母にしたところ珍しいのがあるからとアケビの苗が新鮮な野菜と一緒に送られて来た。早速グーグル検索で育て方を見つけてこれからの生育に何が必要かをにわか勉強することになった。苗木が良ければ二〜三年で実がなるというこれは他の果樹よりも比較的短期間で興味が湧いてきた。三本に分けたのをベランダ農園のプランターと鉢に分けて植えたが果たして根付くだろうか。今年の新参ものとしてキーウイ、ドングリ、パイナップル、リンゴ、に次いでアケビの仲間入りだ。問題は農園管理者の力量が問われることにある。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

ビワの実

毎朝通る公園でサクランボを採っているご夫婦を見かけた後に、家の近くのビワの木のことを思い出した。お蔭で今年もビワにありつくことが出来た。

昨年はビックリするほど沢山実った近くのビワの木だが、今年は春先の強風が2回もあったせいで未熟なままに大半が落ちてしまい残っているのは数える程度しかない淋しい状態だ。反面強風にも耐えて残っている実は栄養が行き届いたか大きく膨らんでいる。今朝そのうちの一つが黄色に色づいているのを見つけて手を伸ばして確保する。ビワの実は黄色くなると食べ頃で、薄い皮は指で簡単にムクことが出来る。ビワ特有の甘酸っぱい香りとやわらかい果肉はウォーキングの後のさっぱりした食べ物になる。食べた後の種は近くの土に植えて次の世代に希望をつなぐことにした。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

果物発芽

この一週間ほどの好天のおかげで我がベランダ農園は食べて美味しかった記念にと蒔いた種の発芽ラッシュでえらく賑わっている。

柿にリンゴにキーウィそれにレモンと既に見分けのつく新芽が農園のプランターに処狭しと何十本も伸びてきた。発芽したばかりから既にマッチ棒サイズまで育ったリンゴの木まで一緒になっているので、近々に間引きをして今年こそは来年の成長までつなげられるように手入れが必要だろうと考えている。キーウイは昨年芽が出たのが一本だけ生き延びているが実がなるには2本必要だというので、今年の新芽が是非とも残って欲しいものだ。今年最も多く芽の出たリンゴだが、昨年はベランダ農園特有の50度近い真夏の暑さで全滅したので今年は早めに暑さ対策が必要になるだろう。柿の木は昨年まで順調に育っていたのだが甘柿にしたいと無謀にも接ぎ木に挑戦して失敗し全滅となったので今年は慎重に進めて行きたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

人間の真実

人間というものは面白い動物である。世界中いたるところに生息している。日々生きることの戦いの中でこれほど有能な生き物はいない。果たしてこの人間がこれから先、今後も生き続けるのだろうか。このところ急激に人口が増えてきていることは、少々怖い気もするけれど真実はもっと深刻になりつつある。人間はしばしば喧嘩もするし、言い争いをしているところを考えると何か間違っているような印象さえ持つことになる。

人間を始めてから60年以上の歳月が流れたけれど、果たしてその期間正確な情報を得て対処していただろうか。得てしてエゴや自惚れが先行してうまく行かないことが多かったような気もする。それも人間に生まれつきのことだったのだろうか。そんなことを思いながら日々の生活は続けられて今日まで来たのだろう。

果たして自分が生きた道が正しかったと誰が言えるのだろうか。多くの失敗を重ねてきた自分にとっては何としてもなさねばならない夢というものがあるだろうか。これまでも多くの人に助けられて、ここまで来たけれど人間として感謝の念を持っていただろうか。情けないほどの弱さをもっていたような気がしてならない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

44人が演奏

都内の大手クラシックギター教室が年に一回行う発表会に誘われて午後1時から7時まで6時間にも及ぶギター演奏を聴いてきた。

毎年都内で住みたい街のランキングで常に上位に位置する吉祥寺の武蔵野公会堂で開催された発表会、今年が43回目というほどの歴史ある発表会で44人の個別演奏で80曲近い曲を前半と後半の間に15分の休憩をはさんだだけのぶっ通しで聴いてきた。

初級者から上級者までの演奏力の階段を見るような思いでとても参考になった。これまではギターを始めたばかりの者はどちらかと言えばプロの演奏を出来るだけ多く聴くことが大切だと言われてそれに従って来た。しかし、今回の演奏を聴いたことで初心者の自分に欠けているところが客観的に知ることが出来、それぞれの演奏力の差もどんな風に聴こえてくるかが手に取るように理解できたのは面白かった。

大手ギター教室だけに最後の方で演奏された方々の力量はさすがに上手で聴衆を唸らせる何かをお持ちのような気がした。後ほど関係者にお聞きすると既に自分の教室をお持ちでプロとして仕事をされているとのこと。今回の最大の収穫は初級者から上級者まで各ステップの演奏力で何が違うかという解り易いのが見えたことだろうか。それにしても上級者は弾き始めから一瞬にして聴衆者を唸らせる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする