2016年05月08日

経験で得るもの

愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。(ドストエフスキー、ロシアの小説家、思想家 / 1821〜1881)

最初に目にしたときこの言葉は特別な意味を持たなかったが、年齢を重ね多くの経験を積むことで自然と重みを増すようになってきた。世の中には多くの人に愛され慕われる人がいる一方でその逆の人もいる。会った人々それぞれに好印象を残しいつまでも忘れられない気持ちを抱かせる人は、それ以上に他人から見た時に多くの嫌な思いを重ねて来ていることを忘れてはならない。一方その逆の印象だけが残る人は、自分自身だけの楽しみ求め他人の目には自由奔放な生き方を重ねて来たことを知るべきであろう。どちらの生き方が良いかはそれぞれの選択肢であり人生の前半と後半で異なるかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする