2016年05月16日

愉快な心

<<人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。シェイクスピア>> 

定年退職を前に考えたことは残りの人生どう過ごすかということだった。不器用で人見知りで話下手という相手にしたら全く面白くもない性格と自己分析していた。そんな性格の人間が一人で愉しめるのは何だろうかと考えて始めたのが、クラシックギターを弾いて愉しむことであった。そのとき上記の人生航路は常に明るく愉快な心をもって歩まねばならぬと言う素敵な言葉が応援歌となって響いてきた。

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564 - 1616)は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。ウキペディアより
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする