2016年06月03日

右手はデリケート

昨日はギター練習を終えてケースにしまう頃には、現在問題の親指の不安定な動きが幾分ましになったようで今日にはもっと改善がみられると期待していた。

実に情けないのは簡単にその期待が裏切られてしまった。一進一退という言葉があるが何かギターの場合一進二退になるのではと思わずにはいられない。一寸した右手の動きで昨日あれほど上手く行ったことが今日は全く出来ず以前よりもさらに悪化しているようにしか思えない。このところ日々の練習がこのような状態の繰り返しが続いているが、皆さん同じ道をたどってこられたのだろうか。それとも人それぞれに向き不向きがあるのだろうか。それにしても右手はデリケートな動きをするものである。ギターの面白いところかも知れないが初心者には厳しい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする