2016年06月11日

ゆっくり進む

<<止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい>>
このところギター練習で大きな壁にぶつかってしまったようで、基礎練習のアルペジオも以前弾けたはずの練習曲も弾けない状況に陥っている中でこの言葉に励まされている。

右手親指の悪癖を治さないと目標とする曲が弾けないだろうという講師の言葉で改造に取り組んで2年近くになり、やっとの思いで改造したのだが結果は親指の不安定という状況に陥り親指のコントロールが出来なくなっている。そのためかアルペジオもこれまで弾いていた曲までが全く弾けなくなるという情けない状況になってしまった。そんな中でもギターの音色が好きだということ、それに練習を続けていればいつかは好きな曲が弾けるようになるという夢を与えてくれる孔子のこの言葉を大切にして行きたい。

孔子は紀元前551年に魯国、現在の山東省曲阜市に生まれる。幼くして父を失い、家計を支えるために多くの仕事に従事しながら礼学を修める。紀元前534年、19歳のときに結婚し、その後、魯に使える。36歳のときに内乱により君主が斉へ国外追放され、孔子もあとを追って斉に亡命。紀元前484年、69歳のときに亡命・遊説の旅を経て魯に帰国。帰国後は、詩書など古典研究の整理を行い、紀元前479年、74歳で死去。孔子の教えは、弟子の手によって『論語』にまとめられる。孔子には、3,500人の弟子がおり、その死後、孟子(性善説)、荀子(性悪説)などの後継者を出した。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする