2016年06月16日

親指サポータ

親指の不安定な動きが二年近くになるのに一向に良くならないので親指を使った練習を一時中止した。数十年もクラシック・ギターを楽しんでいるギター仲間の先輩から、上手く弾けない時は休むことも必要と教えられたことがありますよと助言を頂いたこともある。このところ少々親指を傷め過ぎて少し痛みもあったので丁度良い渡りに船で訓練を中止していた。

今日は痛みも無くじっくりと親指の動きを観察している中で、ふと思い出したことがあった。以前ブログ仲間でコンクールに入賞した腕前の人が、同様に手のトラブルを抱えておられた。しかし、市販のサポータを使い不自由なく演奏活動をされているのを見て感化され自分もと親指サポータを購入していた。早速探し出して親指にはめてみたが、どの様にセットしたら効果的かというのが難しかった。何回も何回も位置や圧の強弱を変えて試して見るうちに親指のブレが止まり比較的安定して弾けるスポットが見つかった。暫くこの状態で練習してみることにした。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする