2016年07月04日

情熱が必要

人間には情熱が必要である。サッカーの試合のように人々が夢中になればそれが情熱になる。情熱が出来れば予想以上の成果が生まれるのが世の習いである。それが解っていても中々情熱を持てない自分がいる。このところその情熱が醒めてきているような気がしてならない。自分の心の中にこの情熱が生まれてくれば素晴らしいのだがと思うこの頃だ。

皆が一つになるような時、それは同じように情熱を持って話すときに生まれる連帯感がそれぞれの心に火をつけるのだろうと思う。そして予想以上の動きと働きで大きな成果となり人々を感動させずにはいないのだろう。情熱とはそれほど人を取り込むこともあるので多いに利用して成果を出して行くべきだろう。

情熱それ自体は個々に持っていても大きな成果を生まないけれど、まとまって方向性を持ってくると大きなうねりとなる。情熱は人々への感動を生み、さらに大きな輪となって感動の輪を広げて行く。そこにはもう説明の言葉は必要なく大きなうねりに体の動きを任せたままに感動をともにしている。それが情熱と言わずしてなんというのだろうか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする