2016年07月19日

受け取り方を変える

どうにもしょうがない。境遇はしばしば変えようにも変えられないのだから、そのうけとり方を変えなくてはならない。そうでないと、たえず苦情ばかりこぼして身をすりへらし、自他ともにこの生を不快なものにし、なんとも手のほどこしようがなくなる。ヒルティの言葉、希望と幸福より
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルティの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする