2016年07月23日

考えるとは

考えるということは人間の特権だろうか。良く考える人ほど頭脳明晰であることが知られている。良く考えてそのシナリオ作りが解りやすくすることで多くの賛同者を得ることが出来る。そこに悪意やエゴや自惚れがない限り描かれたシナリオは実践への協力者も得ることができる。そしてそれが成果となってこの世で評価されることになる。

人間の行動の全ての始まりは思考と言うことからで、その思考方法についてじっくり考える必要があろう。これまでどちらかと言えば誰かの思考の結果を利用したり真似たりして何となく成果らしいものを得てきた感がする。自分のものでない思考は何かと不安も後ろめたさもあり満足できるものではない。それをどう変えて行けるだろうか。

学校で学ぶことは全てが先人の残したものである。それを一つ一つなぞることで同じ理解をしながら習得してゆくものである。そこに一つのルールが生まれると同時に思考のルールも生まれてくるのだろう。日常生活における思考、考え方はほぼ殆どの人が同じような考え方に及んでいる。これは明らかにルール化した思考であるといえる。

今日目指さなければならないのは明らかにそれとは異なるものである。これまで人生を無難に過ごしてきた者としてはより高い成果を出すためのシナリオ、考え方が必要であるといえる。果たして当人にそれだけの頭脳があるかどうか、運が味方してくれるか、人が付いて来てくれるかどうか。多くのことをクリアして行かなければならないと思っている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする