2016年08月10日

賢い犬

今朝も2メータ近い枯れ枝を口にくわえた犬が飼い主と一緒に公園での散歩を終えて出口に向かって歩いていた。

飼い主が話すには毎朝公園に落ちている枯れ枝をくわえて家に持ち帰るのがこの犬の習性だという事である。公園の出入り口には自転車に乗ったまま入れないように柵があり、いったん降りて半周している柵の中を手で押してしか入れないようになっている。勿論そこに来れば犬が口にくわえた枯れ枝はそのままでは柵に阻まれて通れなってしまうと誰もが思うのを、飼い主は見ていて下さいと言うように微笑ながらついて行く。柵に近づくと首を横にして長い枯れ枝が自分と平行になるようにして柵を半周してそのまま通り過ぎて行った。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする