2016年08月16日

健全

健全と言う言葉は何かしら良い響きに聞こえる。健康で正しく安全で将来が明るく健全で在れば、全てが上手く行くような錯覚さえ起きてくる。実際問題健全で在るべきものが、健全と言われ続けて健全であったことがないのではないだろうか。時代の流れと伴に健全さも大きく変わってきて、いつの間にか健全でなくなることが多い。

若く逞しい時期に多くの問題は容易に解決されるが、年老いて物理的な力が衰えるにつれて解決される問題にも制限がかかるようになる。特に筋力を必要とするような問題は、最初からはっきりしていて対応できないことも明白になってくる。そんなとき一抹の不安と寂しさを感じることになるけれど、これも致し方ないことのようだ。

60歳を超える年齢になり最初にぶっかったのが、筋力の問題であろう。これまでは殆ど問題にもしなかった筋肉の疲れが、翌日になっても残っているという考えられないことが起きている。それをどのように処理して行くかも大切な対策の一つである。簡単なことだが、必要以上に良く眠ることの大切さを知ることになった。

人は誰でも健全な体、健全な精神、健全な性格、健全な生活、そう全てのことが健全と言うことが枕言葉についてくることにより、何か安心感を得られているような気がする。本来それで全てが解決するものではないけれど、未来に向けて取組むときには今が健全であることが大切であり、自信にもつながるから人は誰しも健全さを望んでいる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする