2016年10月02日

飛躍は

人は皆それぞれの夢や希望に沿って大きな機会を得て飛躍をしたいと願って日々懸命に努力している。しかし、いつもと変わらぬ生活が続くとその飛躍もままならないと思い込み、悶々とした生活を営んでいる人もこの世に多いのも事実である。そのような人が自他ともに認める飛躍するための方法はあるのだろうか。

飛躍、それは意識の問題でもある。飛躍はある日突然にやってくるのではなく何の変哲のない日常から起きる。勿論そのことがどれほど飛躍につながるかは、当初ほとんど理解出来ない事が多いという。後で振り返ると、いつもの出来事がいつもと違う感じがしたり、一寸したことで嬉しくなったり、と日々のルーチンが少し変化している感覚であるようだ。

世の中には何十億という人々が暮らしている中で、己の現状に満足している人はどのぐらい居るのだろうか。小さなことであっても満足を得て生きてゆければ幸せである。そのような人々の集団がこの世の社会を形成し、その社会をリードしながら時代の流れが出来ていくのだろう。勿論定年退職した我々高齢の年金生活者もその中の一人であろう。

飛躍は日々の一寸した変化にどう対応できるかということになるだろう。そしてその変化に対してどんな気持ちを持って取組むかという心構えではないだろうか。現役の人なら差当たり何かいつもと違った出来事が在ったり、仕事の内容が変わったり、仕事場が変わったとか言うような小さな変化ではないだろう。そのような仕事を続けるうちに大きな成果が生まれるのである。それが当人にとっては結果的に成果を生み大きな飛躍となるだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする