2016年10月11日

正当化

人間誰もが自分自身の考えや行いに対して不安を抱いているのは当たり前のことである。それが微塵の揺らぎもなく生きてゆける人などこの世にいないだろうと思う。もしもあるとすればそれは既に病的な域に入っているものと受け取ってよいのではないだろうか。誰もが迷い考え実行して時と伴に出てきた結果が成果にも失敗にもつながる。

運よく成果につながればその考え方が正となり、失敗につながれば誤りとなることで考え方や行動が修正されて行くのだろう。自分もこの年齢になるまで人並みに一通りの経験を積んでは来たが、それが全ての模範になるとは思わない。実際問題として時代の流れと伴に成果といわれる内容も変わってきているのが現実である、

長い人生には本人の考え方を無視して事を進めようとする人にも直面し実に不愉快な気分になることもある。こんな時どのように対応して行くべきかを考えると黙って従うだけなのか、それともやはり反対を主張すべきだろうか。自分自身を正当化する訳ではないが、慎重さと大胆さの間でしっかりした考えと洞察力を備えてゆかなければならないと考える。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする