2016年10月14日

大停電

自宅の窓から見える朝霞駐屯地あたりに真黒い煙がもうもうと上がっていた。いつもならサイレンの音がけたたましく鳴り響き、何十台もの消防車が走り回ってもおかしくないのに消防車が全く来ない。最近隣国のミサイルや核の話題がテレビで繰り返されていることもあり、少々変だなと家族で話していると突然住宅の電気が消えた。

集合住宅のあちこちで住人が玄関から出て隣近所と話しているのを見ると地域全体の停電であるようだ。地震情報ならば携帯に緊急情報が届くのだが、今回はこれまで経験したことなかった大停電。何の情報もなく真黒い煙は依然として勢いを増している。最近情報過多と思われるほどの中での停電と黒い煙は長い事続いた。

一時間以上過ぎたころだろうかやっとテレビで約58万世帯が東京電力の地下ケーブルが火事だというニュースが流れた。特に最後まで停電が続いたのは我が住宅地のある光が丘とのこと。原因についても人偽的ではないという事だが、考えさせられるのは電車も地下鉄も止まり多くの人が影響を受けたこの種の事故は避けられないものだろうか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする