2017年02月09日

考え方次第

貧乏農家の子供が社会に出たてのころ、未熟だったこともあり他人の言葉が身につまされて独り悶々とすることが多かった。これまで見たこともない東京という大都会で、多くの人々がそれぞれに暮らしている賑やかなところでありながら、いつも独り孤独な気持ちで過ごしていた。そんな時見つけたヒルティの本の中で最初に目に入ってきた言葉だった。

<<苦しみは人間を強くするか、それとも打ち砕くかである。その人が自分の内にもっている素質に応じて、どちらかになる。 ヒルティの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする