2017年02月10日

叱咤激励

人の成長は苦しみを乗り越えた時に一歩前進すると言われているが、その通りだと思う。順風満帆でこれまで来た人の弱さを何回も目の当たりにしてきたことを思えば、それが証拠にさえ思われる。そのことを多く知る年齢になった自分の仕事は何かと考えるに、後から続く人にそのことを知らしめてあげることではないだろうかと考える。

叱咤激励とはよく言ったもので、まさに当を得た言葉であり使い心地の良いものである。恨みを買いたくないために使う盾みたいな言葉であり多用されている。自分もその使う方の仲間になって行こうと考えている。腕力も能力も情熱も若い人と対峙するには厳しいものがあるだけに、この叱咤激励を歳重ねた自分の特権と言いつつ利用して行こう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする