2017年02月11日

時間管理

自分の持ち時間の財務諸表を作っていますか、という問いかけで始まる本を読んだ。その要約は、人はお金に対しては強い関心があり、会計簿をつけたり投資を考えたりと注意を向けている。しかし、日々限りある時間については、関心が薄くましては財務表を作ってまで管理する人は皆無である。理由はお金と違い、時間は24時間全ての人に平等に与えられているというのか、その管理が殆どなされない。

会社経営においても同様であり、人、物、金とは良く言うものの、時間まで話す人は少ない。いかなる事業も時間無しには進まないとわかっていても、その事にふれる事は少なく、ましては、時間を管理して事業を進める人はこれまでお目にかかったことがない。自分自身に照らしてみても、言えることである。これまでの人生で、時間投資について検討したことなどなかったといえる。

人生には時間に限りがある。人の生涯とて100歳を越える人は殆どなく、そのうちの三分の一は睡眠時間で費やし、残りの三分の一は生活に必要な食事や身の回りの世話となり、最後に残った三分の一が何かに使える時間である。8時間が一日で使える時間としたときに、それを何の目的でどのように使い分けるか考えたことがあるだろうか。そのことが財務表をあらわすことになりはしないだろうか。

高齢となり残り少ない人生をいかに過ごすかが問われる中で、この時間管理という感覚は重要な要素であるといわざるを得まい。残りの時間管理でより多くのことを手がけ、より多くの成果に結びつけて行くことが出来れば、自分がこの世に生まれ出た意義も再確認できるだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする