2017年02月18日

最初は富士

DSCN0449.JPG

2月のカレンダーの写真を見て思い出したことがある。高校を卒業して上京し学校に通いだし、その時のクラスメート数名で富士山に登ったことがある。仲の良い友達として青森の林檎農家出身者と、その他数名と一緒だった。当時、全く山登りの経験はなく気軽な気分で出かけたことを思い出す。高山病や眠気でさんざんな目にあったが、下山の時の砂走りがとても快適だったのを覚えている。

帰宅して近くの銭湯で頭を洗っていたところ、真っ黒に汚れた水が流れて隣の客が驚いたのを覚えている。驚いた客は当時日曜日には必ず通っていた蕎麦屋の跡継ぎであとあと笑い話となった。富士登山は一つの気分高揚にもなったのか、何か大きなことを成し遂げた気分であった。その後、富士山に再び登ることは、今の今までなく過ごしている。

しかし、山歩きは当時の職場に日本山岳会員になった山登りが大変好きな人がいて、その人の影響からか丹沢、雲取山、中央アルプス、南アルプス、出羽三山、飯豊山、米国のウイットニー、欧州のアルプスと登ることになった。そのような山の魅力を味わうことが出来たのも、最初の富士登山の思い出がさせたのかもしれない。

山の頂に雪を抱く富士は絵になるせいか、毎年カレンダーでお目にかかれる風景である。我が家のベランダからも、冬の季節には遠くに見える時がある。特に正月の時期に眺める富士は、冬の寒さが身を引き締めて何か厳粛な気持ちを引起す。日本人にとって富士は神聖なものであり、誰もがあがめる山である。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする