2017年02月22日

家族写真

何時ごろからそうなったのか正確には覚えていないけれど、机の上に家族写真を置くようになった。以前にはとても考えられない習慣であったが、海外の販売会社を歴任する内に、現地社員と同じような感覚になってしまったのかも知れない。家族で川崎太子にお礼参りに行ったとき撮った写真が、今机の上にある。とても気に入っている写真だ。

自分にとって家族は宝物である、二人の大切な息子と愛する妻がいて長年の夢が実現している。子供のころの思い出に残る淋しさを繰り返してはならないと思うに、大切に思う心を忘れてはならない。時として意見の合わないときもあるかもしれないが、お互いが家族を大切にしようという気持ちがあれば、しっかりとした絆となる。若くして亡くなった母が、我が家族が幸せに暮らせることを見守ってくれていると思う。

時として事件も起こることもあるが、それも家族の絆を強めるものであって弱めるものではない。昔から家族のつながりは大切とされ守られてきたと思う。それが真実である。人は時として一人のときを好むこともあるが、それは個の成長のためにも必要なことではあるけれど、家族の絆を緩めるものではない。そのためにも家族の写真は、常に目の届くところにあって欲しいものである。

どんな写真も今では何の苦労なく手に入れることができるが、自分の子供のころはそれが適わなかった。それが証拠に今は当時の写真が殆どない。貧しき時の写真が数枚残っているが、他人には見せられない。亡き母の姿もそこに見られるけれど、自分だけの宝物としてそっと持っていたい。そしていつでも笑い顔に届くように近くにおいておきたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする