2017年02月28日

整理整頓

社会生活で整理整頓という言葉がしばしば使われるが、最近になってようやくその意味するところの大切さを知ってきたような気がする。特に机の上が、整理されていないということは、その人の頭の中が整理されていないことを意味する。頭の中が整理されていないということは、考え方に論理性が無いとも言える。人生において論理性の無い行動は、後々の成果が見込めないのではないだろうか。

短期的な見方から頭の切れるすごい人だとか言う話はあるが、その人が中長期的に見ても成果を出して、何らかの貢献をしているかといえば決してそうではない。人はおかしなものかも知れないが、鈍くさいといわれていた人が、長期的に成果を出していることが良く見られるが、これらも何か一つ整理整頓への執着心が絡んでいるようだ。

人間の価値は何で測ることが出来るのだろうか。良く使われる言葉は、前述の成果である。その成果が大きければ大きいほど、その人の価値が高いと思われているようである。しかし、果たしてそうだろうか、自分では他人の心の弦に共鳴できる人が重要ではないかと思っている。それは、全く成果を出すことの無い人かも知れないが、心を通わすことで相手の力を十分にみなぎらせる働きをするのではないか。

整理整頓の話が、なんとなくずれてしまったようだが、整理整頓できる人の心が大切であるということではないだろうか。生きてゆく人生の中では、めぐりあう人との交流が十分に出来て出会った後の心にさわやかさを残せる人が、成功者であり成果を上げているといえるのではないだろうか。常に心が美しく輝いている人とは、そんな人のことかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする