2017年03月31日

あれから50年

故郷に杉の大木が生えている南方神社というのがある。小さいころは毎年お祭りがあり近隣の村から子供たちが集まり村対抗の運動会が開催された。親も一緒になって応援合戦が盛んであった。人の集まりも多く実に楽しみの多い祭りでもあった。特に出店が多く綿飴やキャンディ、駄菓子類を売る店がいくつかあり、親に貰った小遣いで買物するのも楽しみの一つだった。食事はゴザを敷き詰めて家族がそれぞれ集まって食べて楽しんだ。

中学生のころだろうかその出店の一つで勝手に呼び込みを始めてしまったことがある。今思うに引っ込み屋の自分がどうしてこのようなことが出来たのか不思議なことだ。それも戸板に並べたキャラメル類を売っている見知らぬ人の手伝いをかってに始めているのだ。どんどんエスカレートしてしまいには自分で値段を言っては売り子として働いていた。勿論頼まれたわけではないので無償の手伝である。

あれから50年以上も経つけれどそのことは今でも脳裏にはっきりと残っている。働き始めてからお酒を持って南方神社に行ったことも二度ほどあるのを思い出す。自分の仕事の原点がそこに有ったのだと思うと嬉しくてお参りしないわけには行かない。戸板を置いて手伝った場所は神社の広場に入る前の小さな道路脇であった。いまここに改めてそのような思い出があること幸せに思う。さびれゆく故郷よもう一度賑やかになってほしい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

気力と体力

以前と違い体力が気になりだした。自宅でのんびりしているもののスッキリしない気分である。早朝ウォーキングで公園を廻っても何とはなしに力強さがない気がする。以前ならば体が軽く何か飛んでいるような気分であったことを思えば大きく変わってきている。寒さだけでなく、何となく体が重く感じられ歩く速度が遅くなっている気もする。

こうなると全てに気力が落ちてくるのがわかる。物事の考え方に弱気が入り込むようになってくるから面白い。そういう面からも体力というのは意思の方向さえ変えさせるほどの力があるようだ。体力を維持向上させることの大切さを今つくづく感じられずにはいられない。これからも何かをなさねばと考えているに今体力の向上が必要だ。

加齢と共に体力の衰えは自然なことかもしれないが、気持ちだけでも若さを保ち続けることで体力の衰えを防ぎたいものである。まだまだやりたいことも多く、それらの実現には時間のかかることでもある。一方体力は落ちても気力は本人次第と言われるので、何としてもこの時期を乗り越えて行くことが大切だろう。

いずれにせよ大事なことは正しく自分が納得できる解決策を見つけて、実行することで自分自身の気力を取り戻すことが必要であろう。その気力をベースにした体力があればこそ正確な判断と実行力が伴うのではなかろうか。自分に今それを感じさせるようになったのは気力を取り戻すために何かを継続して行いなさいということではないか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

コブシとサクラ

三月の丁度のこの時期に練馬区の木であるコブシの白い花が満開になり、引き継ぐようにサクラの花が咲く。今朝は公園内で満開のコブシの花と何百本かある桜並木の中で、毎年最初に開花する最も東側に或るサクラが二分咲きとなっていた。もう公園内は暖かい春です。
DSC_1573.JPGDSC_1571.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

侘びしいこと

ご夫婦とも余命数カ月という連絡を受けてお見舞いに行って三日後に奥様が召された連絡を受けて、今月は実に淋しい思いです。妻と一緒になったころ大変世話になった親戚のご夫婦、今の自分達には出来ないほどご厚意を頂き事ある毎に声をかけて頂いていた。

他の親戚の方々にも大なり小なり大きな影響を与えて慕われてこられたが、寿命なのか通夜そして告別式と終えた今、人生のわびしさがひしひしと感じられる。残された我々や親戚一同も、いつかは寿命というのがある限りは同じ道をたどることでしょう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

椿の花

このところ公園のあちこちで椿の花を見るようになった。少し前までは椿に似たサザンカの花が咲いていたと思ったら、いつの間にか椿の花の方が目立つようになった。

私の大先輩で椿を趣味として自宅の空き地に育てていたが、毎年多くの毛虫退治に苦労しており、高齢になって体力がついて行けなくなってついに諦めて全て処分した話をされたことがある。

先日ラジオでも椿油の産地で有名な伊豆大島でも椿につく毛虫退治が如何に大変かという話が放送されていた。それでも椿愛好家は世界中にいるらしく国際的な認定機関もあるとのこと。

IMG_0215.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする