2017年03月02日

大切な友人

自分には友人と言える友がいる。大変有難いことに何時電話しても全く変わらぬ応対で飾り気が無いのが良い。どんな話でも受け止めてくれるし、なんと言っても話をした後の気持ちの落ち着きが得られるのが嬉しい。時としてストレスを重ねて落ち込むことがあっても彼と話すことで全てが消えてしまっている。それは何にも変えがたき大切なものである。

大学に入学した時が彼との出会いであった。同じ故郷と言うことで声を掛けてもらったのが最初であったと思う。その後何となく話をするうちに語学に対してお互いに興味があることを知り、日曜日には牧師のうちに英語を習いに行くようになり、いつの間にか教会を建てる手伝いにも関わりあっていた。その教会は今でも活動を続けているようである。

人類だけが信じている宗教は、これまた大きな力を持ち多くの人々の心を掴んで放さない。人々は信じる宗教の名のもと、自分の世界から他の世界への伝道者となって移動している。我々が接した牧師も米国籍を持つ人で米国の教会から日本に派遣された人であった。今はリタイアしてバルチモアの地に余生を送っておられるようである。

何が今の自分を形づくっているのだろうか。これまで多くの人々と接して来た。その中には二度と会うこともないことになった人もいる。生き残っている自分はこれから先をどう生きて行くのだろう。今現在いつでも連絡できる友も限られている中で、何を求めてこの世の中で生活をしているだろう。多くの場合それは楽しみではないだろうか。人と人との交わりや思い出をつなぐ心のやりとりではないか。今はそんな気がしてならない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする