2017年03月12日

魅力的とは

人間によく使われる言葉である。あの人は魅力的な人だ。なんとなく魅力を感じる人だ。魅力的な顔立ちの人だ。魅力的な立ち振る舞いだ。いろいろな使い方をされる言葉である。人は生きてゆくに評価の対象となるが、その表現方法としてこの言葉が頻繁に用いられる。
他人を引き付ける要素をあらわす言葉だが、なんとなく明確に解釈できない言葉である。

特に個人としてこれまで魅力的という概念を持ったのはすべてが異性への恋心ではないだろうか。頭が良い、顔立ちが良い、スタイル良い、性格が良い、自分にない優れたものをもっている。そしてそれらが全て魅力的という言葉につながっていたようである。しかし、自分にもその魅力を作りたいとは考えることはなかった。それが青年期の思い出である。

今はその魅力の概念も大きく変化してきている。対象が人間だけでなくなったことが最も大きな変化だ。それは音楽や描かれた絵画であったり、書かれた書物であったり、撮られた映像であったり、生まれた感動であったり、数々の小さな親切であったりと、その対象はすでに異性を対象としたころとは大きく変わってしまった。そこにはすでに万物の支配するこの世の全てに魅力を感じるようになっている。

人生とは人の心を大きく変えてくれるものである。この大きな変化がある限り人は誰でも幸せな気分になれるのではないだろうか。単に異性だけに用いていた魅力という言葉がその概念を次々と変えるのも人の心の変化があるからだろう。魅力的という言葉は実に人の心に興奮を与えてくれるとともに、その対象も人生とともに大きく変わるのが又楽しい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする