2017年03月28日

侘びしいこと

ご夫婦とも余命数カ月という連絡を受けてお見舞いに行って三日後に奥様が召された連絡を受けて、今月は実に淋しい思いです。妻と一緒になったころ大変世話になった親戚のご夫婦、今の自分達には出来ないほどご厚意を頂き事ある毎に声をかけて頂いていた。

他の親戚の方々にも大なり小なり大きな影響を与えて慕われてこられたが、寿命なのか通夜そして告別式と終えた今、人生のわびしさがひしひしと感じられる。残された我々や親戚一同も、いつかは寿命というのがある限りは同じ道をたどることでしょう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする