2017年04月09日

清々しい

全面ゴム舗装で歩きやすい太鼓橋、両脇に季節の花が植えられ、橋を挟んだ両サイドは新旧バラ園、そろそろ新芽が出てくる頃の樹齢30年以上のメタセコイアの並木、そんな橋の中央付近に満開の桜の木が一本あるなんの変哲もない住宅地の歩道橋。何回か青春ドラマの舞台になった場所だが、この季節が最も華やかな時期になる。今年新中学生になった近所の女の子が、元気よく挨拶してくれた。あいにくの小雨ではあったが、初々しさは実に清々しいものである。
DSC_1583.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする