2017年04月24日

人生と空港

空港という場所と言葉がある。勿論旅やビジネスへの出発点である。これまで何十回もその空港を利用させてもらったことだろうか。テレサテンの歌の中にも空港というタイトルで好きな曲がある。淋しい別れの歌だが一人旅を続ける者にとっては心地良い響きがあり今では空港を利用する旅では手放すことの出来ないものになっている。

ビジネスで利用する空港は常にあわただしく時間ばかりを気にして動き回っている。巨大空港ではターミナル間の移動に電車を使わなければならないほど大きく、又、タイムリーに移動できなければ乗り遅れる心配もあり何となく落着かない。時として遅れや出発ゲートの変更等があり実に精神的にも疲れるものである。

全ての仕事が終わり帰国のための空港もある。其処には程よい疲れと安堵感があって一風違った感覚である。勿論テレサテンを聴きながらの機内は一人を十分に楽しめる。それが何処の空港からであっても同じように静かにその時を楽しんでいる。見知らぬ人の群れの中を一人静かに待つ空港、そんな言葉が良く似合うところである。

人生はその時々を空港利用しているようなものだろうか。多くの出来事が起きるけれど何れも何かのきっかけがあり、終わりがある。その繰り返しが永遠に続くものだろう。繰返すその中で人それぞれの人生観が生まれてくるのだろう。自分の場合それが一人になって静かにテレサテンの曲を楽しんで、又、次に備えることかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする