2017年04月25日

タンポポ

タンポポの黄色い花が咲いている。同じ株に既に今にも風に吹かれて旅立つ準備をしている種も同居している。果樹で言えば花と熟した実が同居したようなものだ。

殆どのタンポポは外来種で、食用にと輸入され育てられたのが始まりだというのをどこかで読んだことがある。しかし、毎朝ウォーキングする都立公園内には日本古来の関東タンポポの自生地という立て看板と囲みがある。関東タンポポの特徴は、黄色いはなびらの下の部分を覆っている緑の細い葉のような部分が上を向いたままだと説明ある。写真ではピントずれで見分けがつかないので検索して比較写真を見たがそれでも見分けが難しい。
DSC_0958.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする