2017年05月18日

ギター練習状況

この二年ほど親指の矯正に取り組んで来たこともあり、毎日毎日モチベーションの上がらない練習を継続して来た。そんな訳でブログに書き残すことさえ縁遠くなっていた。しかし、最近何とか親指の常時巻込みはなくなった。今は思い出したように出て来ることもあるが、とりあえずは巻込み矯正にある程度の目途が立った。

講師に巻込み癖を矯正しないとトレモロ曲は弾けないと言われ矯正を続けてきたが、これほど長くかかってしまった。しかも、同時にアドバイスされたのは奏法を変えると、まず半年以上はこれまで弾けた曲を含め殆ど弾けなくなる。それを念頭に慌てず急がず継続して行くことが大事だとのことだったがそれも全くその通りである。

以前弾けた曲をと譜面見ながら弾こうとしても親指がいう事を聞いてくれない。矯正した親指の感触としてはギターを始めた頃に感じたぎこちなさやもどかしさが戻って来たようである。これから改めてギターを始めるつもりで取り組むことになりそうだ。習い事の初めは何ごとも基礎が大事と言われる、振出に戻った気持ちで取り組みたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする