2017年07月31日

贅沢な想い出

ある人より心に残る話を伺った。同じ故郷の同級生との思い出である。両方の親が故郷で医者をしていたという関係で、お互い仲良く付き合っていたとのこと。故郷を後に社会に出てから数年たってその同級生から結婚しますと連絡が届いた。それ以来しばらくお互いの連絡が途絶えていたが、三十年振りの同窓会で再会して近況を語り合ったが、そのとき初めて相手の口からどうして結婚してくれなかったのかと想いを伝えられたとのこと。

それから2−3年してその同級生は乳癌を患われてあちこちの病院を回られたが、最終的には自分の死に場所として神戸の病院を選ばれたとのこと。それまでは自分の身辺整理とともに、絵皿制作を続けられていたとのこと。病院で亡くなる一週間前に友人という人から連絡が入り、死ぬ前にもう一度会いたいとのことで神戸まで会いに行かれた。そのとき形見として自作の大きな絵皿をいただいたとのこと。

死を前にして自分の人生を振り返り想いを叶えられなかったことが、大きな心残りとなっていたのだろうか。それにしても青春の思い出をいつまでも持ち続けた方の想いが乳癌による死を前に行動に移された感動をよぶ話である。その想いの対象となられた人の心の中は複雑な気持ちでもあろうと思われる。当時を振り返り結婚の対象とは考えていなかったとのことで、相手の思いをどのように受け取って良いのかきっと戸惑われたことだろう。

残念なことに我が人生にはそのようなことは殆ど無く形跡もない。ただ、自分自身の想いとそれを受け止めて貰えない悲しい思い出だけが、数多く残る一方的な片思いだけである。それは惨めさを通り過ごした淋しいものであった。しかし、今はそれも我が人生に与えられたことだろうと感謝している。我が家族の存在がそのことを証明してくれている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

カブトムシの横暴

先日クヌギの大木の根元から染み出した樹液にカナブンが群れていた場所を通りかかったので気になって本日も覘いてみた。今朝はカナブンだけでなくスズメバチも混じって相変わらず樹液の取り合いでうようよと群れていた。

先日と少し様子が違うのでよく見ると一回り大きな個体が一匹紛れ込んでいて、そこは激しい戦いの場に様変わりしていた。カブトムシの雄がT字型の長い角を食事中のカナブンの体の下に押し込んでカナブンを跳ね上げては落とし彼らの場所を奪い取っていた。

これを見て二つの疑問が解決した、一つはカブトムシの長い角の役割が判明したこと、二つめは先日かなりの数のカナブンが地面の石畳の上で仰向けになって起き上がれずにいたのは、カブトムシに跳ね落とされたカナブンの哀れな姿だったことである。
DSC_1728.JPG

DSC_1729.JPG


posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

改善には時間がかかる

たまたまネットで検索をしているときに、曲の演奏をしながら演奏フォームの矯正をしたり改善させたりすることは不可能であるという記事を読んだ。親指の矯正でかれこれ2年以上も苦しんでいる現実を指摘されているような気がした。説明ではフォームの改善は、ある一点の関節や筋肉の使い方を改善するだけでなく、腕全体、姿勢全体、そして意識に至るまで全てを新しく作り変える事だからだとのこと。

私は親指の巻込み癖を矯正するには親指の使い方さえ良くなればフォームの改善はうまく行くだろうと思っていましたが、フォームのある点を変えると、その影響はすべてに及ぶということらしい。親指の使い方を変えれば、今度は人差し指に違和感が出てくるので新しい親指の使い方に則した新しい人差し指の使い方が必要となるらしい。

親指と人差し指の感覚が変わると、次に薬指から小指の感覚も変わり、当然それらを扱っている前腕の筋肉もいつもと違う感じになってくるという。前腕の感覚が変われば上腕や肩などもやはり感覚が変わってきて、その違和感に何とか対応しようと自然と姿勢も変わってくる。さらに、そういった感覚の変化に最初は脳がついていかなくなってしばらくは苦しむとのこと。

親指の使い方、角度といった一点を改善しようとするだけで、連鎖的にこれだけの変化が現れ、その変化を定着させていくまでには時間がかかるし、その間ははっきりいってまともに弾けないという。以前の講師にも聞いていたことだが、フォームを変えるといっぺんに引けなくなると言われたのはそういうことらしい。これから改善に取り組む人は改善には相当な時間がかかるということを事前に認識しておいた方がよさそうだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

雨上がりの朝

連日の雨降りの後、早朝ウォーキングで珍しい光景に出会った。連日の雨で食料調達が大変だったのだろうか、何十匹ものカナブンが大木の割れ目から出る樹液を争って押し合い圧し合いしていた。場所探しで周りを飛び回っているのから、お互いを押しのけあっているものや、中には木から落とされて地面で仰向けにひっくり返っているものまでいた。
DSC_1723.JPG

“カナブン(金蚉、金蚊)は、コウチュウ目コガネムシ科ハナムグリ亜科に属する昆虫であり、やや大型のハナムグリの一種である。ただし、近縁の種が数種あり、さらに、一般にはコガネムシ科全般、特に金属光沢のあるものを指す通称として「カナブン」と呼ぶ場合もあるためアオドウガネやドウガネブイブイなどと混合されることもある。ウキペディアより。”
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

ちゃわんむしの歌

ネットで検索しているうちに小学生当時いやな音楽の時間に全員でうたわされた曲を見つけた。当時は音痴だといわれ音楽教師に発表会の時は口パクすることをつげられていて、音楽が大嫌いになっていた。そんなわけで覚える気もないところに、方言を使った歌で意味も解らず歌った記憶しか残っていなかった。

それがあらためて方言の意味を知り、曲を聴いているとなるほどとうなずけるところが面白い。現在も歌い継がれているとは全く知らなかったが、何か微笑ましさを感じさせる。音楽も年齢と共に好みも変わってくることを知り、音楽の世界もこんな曲があってこそ楽しめるのかもしれないと認識しなおした。
http://osumi.or.jp/sakata/hougen/tyawan2.htm
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q117583051
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする