2017年07月04日

ふと思うとき

人の気分というものは何故か理由もないのにわくわくするときがある、不思議なものである。これまでの人生で何回このような気分になったことだろうか。何か御心に満たされた気持ちが、自分の中に生まれてきているのだろうか。それにしても、こんな気持ちで毎日を過ごせるならば人間として何と幸せなことだろう。

何か人間には感覚としてはっきりしないが、何かを感ずるときがあり人々はそれを持って第六感が働くとも言っている。今自分が感じているのがその六感だろうか。現実的にはギター練習は上手く行かず、何か大きな壁にぶち当たっているようなものである。しかし、日々希望を捨てずに取り組めていることへの安心感への感謝なのだろうか。

いずれにせよ何かが今の自分の気持ちを高揚させていることは間違いない。この年齢になって自分の好きなことに取組めることは大変うれしいことであり、それを何らかの成果として社会に貢献できればこれも又素晴らしいことになる。自分の中に芽生えたこの何かを大切に育ててゆきたいと願っている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする